未分類

自己処理脱毛では色素沈着も

投稿日:

自己処理で脱毛行為を繰り返していると、肌に色素沈着することがよくあります。例えば、カミソリで剃るという行為をしていると、翌日には毛の断面が皮膚の表面に顔を出してきます。それを剃るには、よく切れるカミソリで深剃りする必要があります。

すると、皮膚の角質までそいでしまうということが往々にして起こります。皮膚の角質を失うと、保湿できず、乾燥しやすくなります。

すると皮膚が傷みやすくなるので、それを防ごうとして、メラニン色素が集まってきます。メラニン色素がそのまま長く定着してしまうことも少なくありません。そのため、カミソリで剃るということは、極力避けるべきことです。

どうしても、皮膚の表面もそいでしまいますし、翌日には毛が伸びてくるため、毎日剃ることになりがちだからです。 脱毛ワックスや脱毛テープ、脱毛機器を用いる方法でも、皮膚の表面の角質を失うことがありますから、色素沈着しやすくなります。

カミソリと違って、しばらくは毛が生えてきませんが、脱毛ワックスやテープ、脱毛機器というのは、毛がある程度伸び切ってからでないと使えない方法です。毛が短いうちは、毛抜きを使うことも多くなるわけですが、毛抜きを使うのも、肌にとっては好ましくありません。切れ毛や埋もれ毛の原因にもなります。

 自己処理はどの方法であっても、続けていると、肌を傷めてしまうので、悩ましいことです。なるべく長袖やスラックスを着るようにして、肌を傷めないようにしたいものです。

-未分類

Copyright© 岡山にある口コミで評判の脱毛サロン・クリニック比較 , 2020 AllRights Reserved.