未分類

ホクロがある場所の脱毛

投稿日:

現在、永久脱毛の主流となっているのは、レーザー脱毛です。レーザー脱毛では、黒い色に反応して熱を発生させる光を利用しています。そのため、ホクロのある場所にレーザー照射をすると、毛だけでなく、ホクロも発熱することになります。

やけどをしてしまいますから、ホクロのある場所は、レーザー照射の方法では脱毛できません。ホクロには、白いシールなどを貼って、熱を発生させない処置が施されます。

 ホクロから生える毛を永久脱毛するには、電気針脱毛をすることになります。電気針による方法は、レーザー照射が普及する前までは、主流となっていました。毛穴のひとつひとつに電気針を刺し入れ、電流を流すことで毛根を焼き切ります。

この方法でなら、ほくろから生えている毛の毛根でも、肌をやけどさせることなく、焼き切ることができます。電気針による施術をおこなっているところは、今やごくわずかとなっています。

ただ、効果はレーザーより高いとされています。レーザーのほうは、毛に発熱させ、その発熱した毛を通じて毛根を焼き切るという方法をとっています。しかし、すべての毛が毛根とつながっているわけではなく、抜けかかった毛などは毛根から離れていまっています。

すると、毛は発熱しても毛根には熱が届かず、発熱させた甲斐がないということになります。しかし、電気針を使った方法だと、毛穴に直接電気針を刺し込むため、確実に毛根を焼き切ることができます。

しかし手間暇と費用がかかるため、主にほくろの部分にだけ使われるようになってきつつあります。

-未分類

Copyright© 岡山にある口コミで評判の脱毛サロン・クリニック比較 , 2020 AllRights Reserved.